自動車保険

自動車保険の高い安いはどうやって決められているのでしょうか。これは保険会社が独自の料率を用いて決定していることが基本になっています。同じ排気量、同じ大きさの車でも保険料が違う場合があります。それは型式別での料率クラス に違いがあるためです。型式はよく聞きますがこれは車検証にも記載されている記号です。車ごとの識別を行う基準となるものです。型式によって料率がわけられ1~9まで段階があり、数字が大きくなるほど保険料が高くなっていく仕組みになっています。全く同じタイプの車で保険料が変わるのは型式がことなるためでもあります。いわゆる排気量ということになります。例えばワンボックスカーで同じメーカーのものでも3ナンバーと5ナンバーがあるのはご存知ですか??このときは3ナンバーのほうが排気量も多いため型式も数字が5ナンバーに比べ大きくなっています。このようになっているということです。料率は過去のデータをもとに毎年見直されるものです。そのため翌年の保険料がこのデータによって変わることもあるということです。保険を使っていないのに、補償内容を変えてなかったのに今年は保険料が上がったという場合は型式別料率クラスになにか変更があったということです。

http://xn--fbkq194u3za324d2t8ankw14w.jp/

バイト

 また、いざ運営メンバーが集まり、プロジェクトが始動してみても、皆このような企画をするのが初めてで未経験のことが多く、さらに個々の状況によって運営の仕事がうまく進みませんでした。
 例えば、「バイトや部活が忙しくて、期限に間に合わない」
     「何から手を付けていいかわからず、先延ばしにする」
    「業務量の多さにやる気をなくした」
「役割が重複し、仕事が手付かずのまま放置されている。。。」
 
 ・期限に遅れないように、個々人の進捗状況を随時確認し、仕事を分配しなおす
 (・情報共有をすることで、皆で全体を把握して優先順位を考える)
 (具体例も書く!)

 この経験から、
 一人一人と向き合うことで、人を動かせるということと
 全体を見つつも一人一人に目を配ることでチーム一丸となって物事を推進できるということを学びました!

学んだこと

 この経験から、一人一人と真剣に向き合い納得してもらうことで仲間を巻き込めること、
 全体を見つつも一人一人に気を配ることでチーム一丸となって物事を推進できる、ということを学ぶことができました。

結局は。。。。

 具体的には。。。
 忙しい、能力・経験がない、やる気がない、等、消極的なメンバーがどうすれば積極的に運営を手伝ってくれるか、という点で悩んだ。
 解決策としては、
 ・自分の想い「被災地に貢献したい、皆の成長機会になる」を伝えたり、
 ・メリットを考えさせたり、「就活のネタになるよ~、ネットワークが広がる」
 ・漠然と「できない」と考えている人に対して、能力に合った具体的な役割を提示したり
 (・その他個別の悩み(忙しいとか)にも対応)
 一言でいうと、一人一人と向き合い話し合った。説得力。を駆使した。
→この経験によって、人を巻き込んだ。
 一人一人と向き合うことで、人を動かせるということを学んだ。

マネジメント

 この会社は、被災者に対し家族のように身近な支援ができる関係を作ることを目的として、20名のメンバーで構成されています。

 具体的には ・福祉仮設住宅での傾聴活動
       ・震災孤児へのセラピー活動(スポーツ、工作)
       ・仮設住宅内の清掃
       ・復興商店街での食べ歩き
       ・漁網撤去、浜の清掃

 3泊4日の日程で行われました。

 この活動で苦労したことは、準備段階での「運営メンバー集め」と「チームマネジメント」です!!

理由

私が貴社で保険の見積もりしたい理由は、業界の新しい常識を作り上げてきた牽引力と、プライドと責任感を持った社員の方の姿勢に魅力を感じるからです。
私はもともと自動車保険の迫力ある姿が好きでしたが、昨年9月で貴社による盛土の復興事業現場を見て、建造物が担う役割や影響力の大きさに胸を打たれました。地元に人や産業が再び戻ってくることを心待ちにする現地の方々に対し、貴社は一人一人の持つ力を結集しコーディネートすることで新たな土地を作り、町の再建に大きく貢献していました。その光景を見て、私も地域全体に活力を与える仕事がしたいという思いになり、貴社情報を調べていくうちに、建設業界において貴社が築いてきた歴史に強く感銘を受けました。創業以来どの時代においても常に建設業界を最先端で牽引してきた貴社こそ、今後も新しい価値を生み出し続けることができると確信しています。また、OB訪問や現場見学を通してお会いした貴社の社員の方々は、「現場第一」のもと自らの仕事に責任感と誇りを持って工事を進めていて、私はその姿に憧れを抱き、貴社で現場事務として建造物を作る一員になりたいと考えるようになりました。任意保険の見積もりを依頼したいと思っています。

東北

 私は、東北支援ボランティア団体の設立に尽力した経験から、人を巻き込んで共にゴールに向かう推進力を得ました。団体設立の動機は、周囲の友人たちが被災地支援に興味を持ちながらもなかなか行動に移せないでいたので、私が彼らの背中を押して共に想いを実現したいと考えたことです。
 この活動で特に苦労したことは、準備段階での「運営メンバー集め」と「チームマネジメント」です。どのようにすればメンバーが積極的に運営を手伝ってくれ、また、一致団結して企画を進められるか、リーダーとして常に考えていました。運営メンバーの募集段階では、一人一人に自分の想いを伝え、いかに有意義な経験を積めるかを説きました。また、皆で協力して企画を進めるために、個々人の進捗状況を随時確認し、苦手な仕事があったり忙しいメンバーがいた場合は、全体を把握して仕事を分配し直すなど、脱落者が出ないよう業務調整をすることも心がけました。

福岡で引越し初日

博多は中洲、いよいよ始まる。俺のしょにち。。。
おぉ!!
何か業者が交流しやすいコンテンツ考えなきゃな~
と思ってたのでこういうアイディア出し大歓迎♪♪
博多なのにウケました(笑)北九州で明太子って感じでも良い。福岡のいいところだね、
そういえば、こないだ農場キャンプの時に佐賀出身で地味だけど結束力と集中力が必要なゲームしました(笑)
土日で出かける人多そうだし、スタッフ人数的にも12日に引越しでほぼ決定かな!?
今日中のみんなからの返信お待ちしております!福岡行きましょう!
麻生太郎やタモリも福岡出身だし、
みなさんは連休いかがおすごしですか。
花火大会が先週とは思えないほど、平日はあわただしく
シルバーウィークはザクザクと過ぎていきますね。
とりいそぎ、参加OK日です。(申し訳ないのですが・・・7日から旅行に行ってて、
帰ってくるのが12日の朝一なので、12日のみ可です。。。)
・出会い系コンテンツ
 (イベント参加の裏目的は出会いの方に)
  あらかじめ幹事メンバーの名前がかかれているビンゴカードで主幹事メンバーの友達をさがして、友人の名前を記入してビンゴを完成させる。完成したら、なにか商品?
  必要なもの:紙とペン
 ⇒友達の友達は友達
  参加するメンバーが属する大型団体名や仕事内容、趣味など参加者が該当しそうな項目をあらかじめ準備しておあてはまる人を探す。
  必要なもの:紙とペン
 ⇒最近の関心事
  最近の関心テーマを適当に
  準備して、テーマごとに分かれて、人数が多ければ福岡Yahooドームでも貸し切って
  さらに分かれて、5~6人がそのテーマについて
  どう関心があるのかを話す。
ってとこかしら。

見積もり取るなら

天気や参加人数の把握もあるから、他の物は当日に買出しなので皆で持ってきてくれる分をみて買い足し分は検討しようかと思います。
どうぞ宜しく♪
<その他連絡事項>
 ■開催可否判断
  ・前日15(日)22:00の天気予報を見て判断します。
   携帯のMLに流すので気にしておいて下さい。
 ■当日の集合
  ・買出し班    11:30
  ・買出し以外のメンバー    14:30
 ■当日の持ち物
  ・はっぴ
  ・暖かい格好 
 ・気合
 ■気分について
  さつまいも&ジャガイモを提供頂きました。
  かなり大きな経費削減です。感謝感謝です。
ちゃんとまとまったシートになってなくてごめんです。
だぁーっと書き出してますのでお目通し下さい。
「このあたりどう運用するの?」
「こうしたらいいと思うよ?」などなど4日に、
まとめてご意見いただきたく思います。

お誘い

色々固まってきたのですが、お手伝いのお願いです!
今年はまだ正直足りてません。
当日のみでもかまいませんので、是非ともお手伝い頂けると幸いです。
ヨロシクお長い致します!
参加予定者が増えれば増えるほど大きな結果をあげられるので、
ご家族・友人・恋人を誘って是非遊びにきてください。
がんばっていきまっしょーーー!
必要に応じてレジャーシート等や飲食物をご用意ください。
(帰り道は暗いので懐中電灯のご用意をお勧めします)

昨年と同じく、校舎より徒歩15分の河川敷が会場となります。
昼間はBBQなどもできる広大な会場で駐車場もご用意しております。
下記案内文です。お誘いいただける方はアレンジして活用してください。
今年は、新たなドキドキ感と未来につながる縁を感じられる企画を用意していますので、いろんな思いや経験をされた みんなで一緒に空をみあげたい。
最近、「ツライ経験をいっぱいしたほうが、優しくなれる」ということを身にしみて感じてます。
まだまだ優しさ・思いやりにかける私ですが、手伝っていただける方は、声をかけやすいメンバーにご一報ください。